フォト

お願い:

  • ☆無断での画像使用はご遠慮ください。   一言お知らせ頂ければ幸いです。

にほんブログ村

無料ブログはココログ

2017年3月28日 (火)

余生~~ 与えられた命を・・・

Photo
                       早春   パソコン絵画(ペイント) 2015・03・12制作



  時は容赦なく過ぎ去って行く。

  人生は一度きり・・・・・



  700x678

人は一人では生きて行けないのだろうか~~~

何の為に生きるのか・・・













ヤマボウシ(2015・06・18制作)








これから先 私は何を為すべきなのだろうか?

どのような‘時’が与えられるのだろうか?





すっかり気力が無くなり、冬眠状態で過ごしていたが、春を迎え、日差しも強くなり、雪も消え始めた今、 

そろそろ活動再開かな~~ 気持ちもムズムズし始めた。



昨年までの作品を改めて眺めている内、 この集中力! あの湧き出ていた情熱! 果して再現できるであろうか??  

やってみたい気も有るが、自信の方がふらつく。


身辺の日々の 自然の変化、時の動き を見逃さないように暮らして行こう・・・

end

2016年5月26日 (木)

パソコン画 モクレン

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Photo



昨秋(10月8日) 突然に主人を亡くし、どの様に生きて行こうか~~と 気力も無くなり、悶々と過ごしている内 7ヶ月が過ぎ去っていた。

何かにつけ 在りし日が思い出されてしまうし、その度に 胸が締め付けられ、一人で暮らす不安と 侘しさと・・・

人って 一人では生きられないのか~~を痛感した。



何かに集中し、没頭出来れば この苦しみから抜け出せるかも~~と久々にパソコン画を手掛けてみたが・・・・・



夢中になり、無我になっている時が  快い!!!


end

2016年2月29日 (月)

パソコン絵画 クリスマスローズ

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Photo_2


  クリスマスローズ


・金鳳花(きんぽうげ)科。

クリスマスの時期に咲く、バラ(ローズ)に似た花、
 ということからの命名。


・別名
 「雪起こし(ゆきおこし)」

   寒さに強く、冬枯れの大地で 雪を持ち上げて
   花を咲かせるところから。

・ヨーロッパ原産。

・花言葉は  「慰め」



以上、検索より





end





2016年2月 8日 (月)

パソコン絵画 カラー

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

700x584


カラーの花言葉は、

「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」

大きな花のように見える部分は、モンステラなどのサトイモ科植物に
みられる仏炎苞(ぶつえんほう)で、中にある黄色い棒状の花を保護しています。

カラーは本来、水辺を好む湿地性の植物ですが、品種改良により陸地性のものも
一般的になり、黄色やピンクなど、花色も豊富です。

原産地: 南アフリカ


以上  検索から・・・・・




2016年1月 1日 (金)

2016年 年頭にあたり・・

Dscf1169jpg


            今年も よろしく お願い申し上げます。    clover





end         

2015年11月 1日 (日)

モンキーのブログ Ⅱ

Dscf1151jpg


この モンキーのブログⅡ では 主に つぶやき をしたためて行こうと思って居ます。

宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では~~~

pencil
少しづつ慣れて来たのか、侘しさも、寂しさも、若干薄らいで来た。

一人でも やっていくぞう~~と 気力が出て来た。

足元が少々怪しくなって来ているので、躓いて怪我しないよう、病気にならないよう、気を張って・・・今を見つめ、この先をどう過ごすか を 前向きに、前向きに考えて行こう。

二人とも 宗教に関しては 懐疑的であった。

ので、 どの宗教にも関係しないお寺さんに供養をお願いし、兎に角荼毘に付した。

肉体は消えてしまったが、この骨壺の中に 彼が 存在している!!!

だから このまま ず~~っと 傍に居て欲しい。

仏教では 四十九日迄は 現世に居て、その後 成仏 するとやら~~

私は 魂とか、霊とやらは 思考の範疇によるものであると思って居る。

私の思いが 彼の魂を 解き放さないでいると 成仏出来ない~~かも!

あの世で自由に、奔放に過ごせるように、  成仏を祈って行こう!!!heart



end

(お知らせ: 主に つぶやきを モンキーⅡのブログ   に載せるようにしました。

                                    ↑ (新たに開設しました。)

 よろしくお願いします。)                                

2015年10月25日 (日)

パソコン絵画 紫苑

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Png


没頭しようと 取り組んでみましたが、どうも 気が散漫になって、視えて来ない。

大分手抜き作品になってしまったようだが~~

日を改めて、頑張ってみます。

宜しくお願い致します。

2015年10月17日 (土)

パソコン絵画 紫苑  (未完)

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

1

取り掛かり始めていた 制作途中の絵ですが、取り敢えず載せました。

気持ちの整理がついたら、また制作に没頭してまいりますので 宜しくお願い申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

この場で このような内容を書くべきではないけれど~~~~~


誰しも いつかは その日が来る!

しかし、わが伴侶の身には あまりにも突然に その日が訪れてしまった。



急いで為すべき手続きに追われ あたふたと過ごした後、一日24時間すべて 私だけの時間となってしまった。

虚しさが忍び込んで来そうになったので、急いでパソコンのスイッチを押す。


ブログ仲間のご活躍を拝見しながら、元気をいただき、   頑張って行くぞ~~~punch


end

2015年10月 2日 (金)

パソコン絵画 ヤブラン

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Photo

                                     ヤブラン




※[ヤブランも 竜の髭も ユリ科、 ジャノヒゲ属とヤブラン属の違いは、花と種子によって判別します。
   ●ジャノヒゲ属では、花は下向き、種子は濃青色。
   ●ヤブラン属では、花は上向き、種子は黒色系です。
     蘭という名前が付いていますが、ラン科ではなくユリ科に属します。
     藪に生え、シュンラン(春蘭)に似た葉を持つとの意味です。]

pen・・・・・・・・・・
以前 てっきり竜の髭とばかり思って植えたのは ヤブランだったようだ。
どうも 竜の髭と混栽していたようだ。

始め、緑色の小さな実が やがて黒い実になっていく。
その内、雪に埋もれ~~やがて春先にあの美しい瑠璃色の実を見つける。
ず~~と これが竜の髭の実の成長過程なのだと思っていた。

違う!!

秋口に見る小さな粒々の緑色の実は ヤブラン。

                      ・・・・・・・・・・

龍の髭は
※[高さ7~15センチの湾曲した花茎に、数個の薄桃色の花が総状につく.
  花柄はやや曲がり、花は下を向く.
  薄い果皮は破裂して種子は露出したまま成熟し、コバルトブルーに色付く.
  長さ10~30センチ、巾3ミリの細長い葉は、束になって根元から生える.
  和名は葉の形に由来.”じゃのひげ(蛇の髭)”]

pen・・・・・・・・・・
その為か、いつも花に気が付かずにいて、実を見て 竜の髭の存在を知ったと云う訳のようだ。
                               ・・・・・・・・・・

☆感動して、つい描いた2014年制作の拙絵です。

                         ↑クリックしてご覧いただけます


end

2015年9月28日 (月)

コンデジにて・・絞り優先・練習(1)

Dscf1104jpg


いつまでも Autoでカメラ任せでは テクニックが身に付かないので、敢えて挑戦してみます。

先ずは 絞り優先で・・・  どんな結果となるやら~~

    絞り値 F2.8 にて: (シャッタースピードは自動的の決まるとのこと)

  Dscf1106jpg  Dscf1109jpg

  Dscf1117jpg  Dscf1112jpg
                                                  メギの実


     (このコンデジでは 後ろの暈けがあまり効かないな~

      もっとも、このコンデジには暈けコントロールとやらが備わっている・・その所為かな?)

     絞り値 F8  にて:

  Dscf1115jpg  Dscf1116jpg
                    シモバシラ                   ウメモドキ

     絞り値 F4.9 にて:

  Dscf1121jpg  Dscf1120jpg
                ゲンノショウコお神輿                     トンボ

   結局、これと云って 何が良いのか~掴めない・・・???    経験を積むしか無いのか!!

   練習!練習!・・・

end


追記:他の件でネット検索していたところ、テンニン草の画像を見つけた。

シモバシラと非常によく似ている。

同じ シソ科・・・ さて? どちらなのだろうか~~

Dscf1105jpg_2

シモバシラであれば、検索によれば 普通、ひとつの方向に偏って花を並べます・・とある。

テンニン草であれば、茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を立て、クリーム色の小花を密につける。・・とあります。

シモバシラの特徴である 茎に出来る霜柱を見たことが無い。(その前に雪が積もってしまう為かなと思って居た。)

よって、これは テンニン草の可能性が有ると思います。

以上、間違った記載をしたかも知れません。お詫び申し上げます。
                                   (10月3日記)


追記2:

Dscf1065jpg


  山ウド

  一時、菜園を試みた時の名残、根が残っているので毎年お目に   掛かる。  若葉をてんぷら等にして、早春の香りを楽しんで居る。

以上                                             (10月4日記)

«パソコン絵画 栗