フォト

お願い:

  • ☆無断での画像使用はご遠慮ください。   一言お知らせ頂ければ幸いです。

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月27日 (月)

コンデジにて・・モンキー苑から(7)

Dscf0908jpg



     Shochulogogif




    猛暑が続く日々 如何お過ごしでしょうか・・・



  Dscf0922jpg

  爽やかな香りを届けてくれる ミント

           
        



          Dscf0920jpg_2

  その足元で存在をアピールして咲くゲンノショウコ











Dscf0926jpg   

キンミズヒキ

キンミズヒキはバラ科、ミズヒキはタデ科で、全く別の種類の花である。

キンミズヒキは、ミズヒキに花の付き方や花穂の全体像が似ていて黄金色の花を付ける事から金色のミズヒキ、つまりキンミズヒキ(金水引)となったと言われている。     ・・検索から







Dscf0921jpg


   

     ハエドクソウ


全草に有毒物質を含み、煮詰めて ハエの幼虫を殺したり、蠅取り紙を作るのに利用したことからハエドクソウの和名がついた。












 Dscf0909jpg Dscf0925jpg
                  紫式部の花               白式部の花




                     Dscf0913jpg
                              ムカゴがついているので 鬼百合






ではまた~~  この辺で・・・

お身体を大切に お過ごし下さい。










Imagesjpg




2015年7月24日 (金)

パソコン絵画 クルマユリ

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Jpgpx



私にとっては バラ類、ユリ類、菊類は ハードルが高く 敬遠していた画材なのだが ・・・試みに 手掛けてみた。


わが家に 葉の様子から クルマユリ だと思うのだが、花は黄色。
小振りで、花びらの反り返りは強くない。  園芸種なのだろうと思う。
植えた覚えが無いのだが、いつの間にか 居付いて 毎年花を見せてくれる。

  我が家に咲くユリ:

     Dscf0763jpg_700px




検索してみると、 屈斜路湖和琴半島 樹林帯の下に薄黄色のクルマユリの花が咲いていました。 草原に咲くものに比べると小さく(高さ約20cm)・・ とありました。 
この記事には写真が無いので 見比べて 確認することが出来ませんでしたが、 ひょっとしたら~~? 同じ仲間かな??







 

2015年7月13日 (月)

コンデジにて・・背景ボカシ撮り

Dscf0891
                                      (F2.5)





背景を暈かした素敵な写真を よく見かけるので、コンデジでも出来ないものかなぁ~~と


絞り優先 とのヒントをいただきましたが、はて?値は どうなるのか~~取説を見ていくと・・・

コンデジには ボカシコントロール と云う機能がある事を発見!

そこで、先ずは どんな具合に撮れるのか~~試してみた。


  Dscf0900 (F2)


                            Dscf0903_2
                                                    (F2.5)


Dscf0897jpg_2_2  Dscf0898jpg_1_2                              
                  (F2)                     (F2.5)

         Dscf0895_2   Dscf0892_2
                        (F1.8)                        (F1.8)


                  Dscf0890jpg
                                     (F1.8)      レモンバーム






          F値等 自動的に設定され、 こんな具合でした~~

  よりボカシを利かすには・・  絞り値の操作を試みる~~

  やってみなくては判らない~~ 練習・練習・・・

以上~   ではまた~~



  








   

2015年7月 9日 (木)

コンデジにて・・モンキー苑から(6)

Dscf0875jpg


   カラスウリ 開花しました!!



 Dscf0878jpg_2   Dscf0872jpg_3   Dscf0879jpg_4



あのオレンジ色の実が生ることを期待しているのだけれど、今年も雄花ばかりかな~?

 Dscf0880jpg







  トリアシショウマ




        Dscf0876jpg





   確か~?

   タムラソウ




Dscf0881jpg


  ホオズキの実が出来て来た。














ではまた~~

☆ 画像をクリックすると拡大表示します。







2015年7月 8日 (水)

コンデジにて・・モンキー苑から(5)

Dscf0868jpg
                                          キツリフネソウ



もう この花が咲く季節が巡って来たのね。

  Dscf0861jpg  タチアオイ

 
                    Dscf0865
                                                ガクアジサイ

                                Dscf0860jpg  

                                              スカシユリ




  Dscf0870jpg    Dscf0857jpg
                        メギ                       ノブドウ                                              
                      (実になっていた)

                         Dscf0848jpg
                                     何を撮っていたのかと?~~

                                       黄色の蝶でした。 

                                 飛んでいるところを撮りたいけれど・・

                                    動く被写体は まだ無理でした。




では、この辺で~~~









2015年7月 3日 (金)

パソコン絵画 ヒぺリカム

Photo



ヒぺリカム:

花束の中にあった 実 を育ててみたのが切っ掛けで、こぼれ種で増える~増える~

庭のあちこちで見らえるようになった。


このところ 箱根の火山噴火が心配だけれど、気候は安定していて 暑くも寒くも無く 快適に日々を過ごすことが出来て、今日も平穏であることのありがたさを感じつつ PCに向かい 描いてみた。




2015年7月 1日 (水)

コンデジにて モンキー苑から(4)

Dscf0821
                                   スカシユリ

こちら、6月27日に 梅雨入り。   日中でも気温14.2℃ と寒く、ストーブを点けた。

二日後 晴れ間を見て モンちゃん苑 どうなっているかな~~と 様子見に・・


 Dscf0827jpg  Dscf0836jpg
              ガクアジサイ            オカトラノオ

         Dscf0845jpg  Dscf0822jpg
                    ノコギリソウ                 ウコンソウ

 Dscf0707jpg Dscf0825jpg Dscf0829jpg
         ヒぺリカム            弟切草           キンシバイ

    以下、検索によると・・

 これらは 総称して、属名のヒペリカムと呼ばれるようになりました。

 キンシバイやビヨウヤナギは、中国原産の半常緑潅木で、日本には江戸時代に渡来しました。
これらの仲間(ヒペリカム・オトギリソウ属)の日本原産種には、
薬草として用いられるオトギリソウやトモエソウなど20種ほどがありますが、
いずれも草本植物です。

 オトギリソウは「弟切草」と書き、その由来には以下のような話が伝えられています。

花山院の御代、代々伝わるある薬草(オトギリソウ)でタカの傷を治していた鷹匠が、
その秘密をほかに漏らしてしまった。それを聞いた鷹匠の兄は激憤して弟を切り、
その血しぶきがオトギリソウに飛び散った。以来、葉に黒色の斑点がついたという。
このようにオトギリソウは古くから切り傷の薬草として利用されてきました。

キンシバイ(金糸梅)は オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。
本種のことをヒペリカム(Hypericum)ということも多いが、ヒペリカムは オトギリソウ属のラテン名であり、必ずしも本種とは限らない。
中国原産で、江戸時代に渡来したといわれる。
葉は対生で長い楕円形で、暖かい地方では落葉しないことが多い。
初夏、枝先に濃い黄色で、五弁の花を次から次に咲かせる。
ビョウヤナギのようにオシベは長くない。
日向でも半日陰でも丈夫に育つ。

最近多くの場所で見かけるほとんどのキンシバイは、園芸品種であるヒペリカム・ヒドコート

ヒペリカムはオトギリソウ属のラテン名であり、ヒペリカム・カリシナムは
原産地がブルガリア・トルコ周辺の別名セイヨウキンシバイと呼ばれる種類の花です。

花自体は大変よく似たビョウヤナギとヒペリカム・カリシナムの最大の判別方法は、その草丈の差です。

公園の地面から30cmに満たない草丈で、
1mを越えるものも少なくないビョウヤナギとは、格段の差があります。

また、おしべの先端の色が、ヒペリカム・カリシナムの方はオレンジ色に
濃くなっている。

・・とのこと。  なんだか こんがらがりそう~~?

 Dscf0818jpg  ハスカップ の実

                  Dscf0837jpg_2 エゴノキの実



 Dscf0840jpg Dscf0834jpg Dscf0835jpg
          ホオヅキ         カラスウリ         ハクサンチドリ
                                    (今年も会えた!花が楽しみ~)



ではまた~~~


☆ 画像をクリックすると拡大表示します。

























« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »