フォト

お願い:

  • ☆無断での画像使用はご遠慮ください。   一言お知らせ頂ければ幸いです。

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

コンデジにて・・絞り優先・練習(1)

Dscf1104jpg


いつまでも Autoでカメラ任せでは テクニックが身に付かないので、敢えて挑戦してみます。

先ずは 絞り優先で・・・  どんな結果となるやら~~

    絞り値 F2.8 にて: (シャッタースピードは自動的の決まるとのこと)

  Dscf1106jpg  Dscf1109jpg

  Dscf1117jpg  Dscf1112jpg
                                                  メギの実


     (このコンデジでは 後ろの暈けがあまり効かないな~

      もっとも、このコンデジには暈けコントロールとやらが備わっている・・その所為かな?)

     絞り値 F8  にて:

  Dscf1115jpg  Dscf1116jpg
                    シモバシラ                   ウメモドキ

     絞り値 F4.9 にて:

  Dscf1121jpg  Dscf1120jpg
                ゲンノショウコお神輿                     トンボ

   結局、これと云って 何が良いのか~掴めない・・・???    経験を積むしか無いのか!!

   練習!練習!・・・




追記:他の件でネット検索していたところ、テンニン草の画像を見つけた。

シモバシラと非常によく似ている。

同じ シソ科・・・ さて? どちらなのだろうか~~

Dscf1105jpg_2

シモバシラであれば、検索によれば 普通、ひとつの方向に偏って花を並べます・・とある。

テンニン草であれば、茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を立て、クリーム色の小花を密につける。・・とあります。

シモバシラの特徴である 茎に出来る霜柱を見たことが無い。(その前に雪が積もってしまう為かなと思って居た。)

よって、これは テンニン草の可能性が有ると思います。

以上、間違った記載をしたかも知れません。お詫び申し上げます。
                                   (10月3日記)


追記2:

Dscf1065jpg


  山ウド

  一時、菜園を試みた時の名残、根が残っているので毎年お目に   掛かる。  若葉をてんぷら等にして、早春の香りを楽しんで居る。

以上                                             (10月4日記)

2015年9月22日 (火)

パソコン絵画 栗

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Photo



ふ~~  イガの描写が イマイチ納得いかないけれど・・・

今の私の能力では こんなものかな~

またね~~

がんばりま~す。

以上

2015年9月21日 (月)

コンデジにて・・モンキー苑から(12)

Dscf1094jpg
                                     ノブドウ 色づいて来ました



     初秋・・

  Dscf1095jpg   秋色に色づいてきた。

                      Dscf1090_2

                                    

   秋を彩る野草達

  Dscf1080jpg Dscf1082jpg Dscf1084jpg Dscf1097jpg Dscf1099
  アキノキリンソウ     シモバシラ    ナギナタコウジュ   鬼百合ムカゴ    オキザリス


         Dscf1087jpg   こんにちは バッタさん                                                                                                                    
                                               ようこそ モンキー苑へ

      
                 Dscf1093jpg
                                お馴染みのクロウリハカメムシ
                                 お食事中   随分穴をあけたなぁ~

  

Dscf1102jpg





 ※  シモバシラについて;

      シソ科の多年草であり、枯れた茎に霜柱が出来ることで知られる

シモバシラの茎は冬になると枯れてしまうが、根はその後長い間活動を続けるため、
枯れた茎の道管に水が吸い上げられ続ける。
そして、外気温が氷点下になると、道管内の水が凍って、茎から氷柱ができる。 


 ※  ナギナタコウジュについて;

    名前の由来は、秋に枝先に咲く花穂(かすい)が、薙刀(なぎなた)のように片面だけに付く様子と、芳香がシソとハッカを合わせたような香気があり、

中国の香?(こうじゅ)という薬草に似ているので、
和名がナギナタコウジュと呼ばれるようになったとされています。
          
                                       (検索より 抜粋)
   この香りは私にはちょっと苦手です~~




以上

☆ 画像をクリックすると拡大表示します。











2015年9月17日 (木)

パソコン絵画 葛花

(☆ Windows付属のペイントで描いています。)

Photo


 葛 :

以下 検索より抜粋;

日本各地に分布し、東~東南アジアに広く分布するツル植物。秋の七草の一つ。

 クズは春から初秋までの期間は葉で形成した光合成した生産物を貯蓄に回さずに勢力拡大に使用し、お盆を過ぎる頃になってはじめて貯蓄を開始するのがクズの戦略である。
おまけに図体の割には稔らせる種子は小さく少ない。

得た利益は主に根にため込んで ため込んだ大量のエネルギーで来シーズンに更に勢力拡大を狙っている。

伐採跡地や放棄畑、道路端などに繁茂し、大群落を形成していることも多い。
盛夏には1日で1m程も伸びると言われるほど成長し、太い茎を伸ばして繁茂する。
林業的にはせっかく植栽した樹木に巻き付いてしまう害草でもある。

 クズはマメ科植物であるので痩せ地にも生育できる。
牛馬を飼育していた時代は優秀な飼料であり、刈り取られて持ち帰られたり、
ツルは薪の結束に用いられたりした。

クズは根茎により増殖するため、地上部のつるを刈り取っても地下に根茎が残り、すぐにつるが再生する。

クズのつるは長いことから、切り取ったつるが乾燥して固くなる前に編むことで、籠などの生活用品を作ることができる。

まわりの木々を つるでおおってしまう程の生命力。
ひと夏で10mぐらい生長する。

茎の繊維からは葛布も織られ、それなりに利用価値は高かった。

根には大量のデンプンが貯蔵されており、これから「葛粉」として利用されてきた。

秋から冬にかけて掘り起こしたものを砕いて洗い、精製する。
葛粉を湯で溶かしたものを葛湯と言い、熱を加えて溶かしたものは固まると透明もしくは半透明になり、葛切りや葛餅などの和菓子材料や料理のとろみ付けに古くから用いられている。

繁殖は種子からの発芽の他に、地上を伸びる茎の所々から根を出し、株を広げる。
不用意に刈り取ると、所々に残った株から再生し、かえって個体数を増やしてしまうことがある。
種子は短期間で発芽するものと長期間休眠して伐採などの森林破壊の際に発芽してくるタイプがある。

現在では厄介者にしかなっていない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だいぶ以前の事、好奇心から 身近に花を見てみたい~~と、空き地より この茎を持ち帰り、庭に植えてみた。

繁茂されては困るので、支柱に巻きつかせたところ、運よく根付いて 花を見ることが出来た。

確かに生命力が強く、刈り取っても~刈り取っても もう数十年経っているのに 毎年蔓が出て来る。 こんなにきれいな花が咲くのに、厄介者と云えば 厄介者ではある。


以上、   ではまた~~


2015年9月16日 (水)

コンデジにて・・モンキー苑から(11)

Dscf1069
                                   ミゾソバ

初秋のモンキー苑:


  

Dscf1076jpg                                                    カツラ        


   Dscf1071jpg   Dscf1074 

          Dscf1072jpg   Dscf1068jpg
                      スズランの実                 ホウズキ


   Dscf1058jpg  Dscf1059  Dscf1064jpg 

             タンジー            ヨメナ            ハマナス

                                                         
   Dscf1079jpg  Dscf1077jpg  Dscf1061jpg

             ホトトギス          ミズタマソウ          今度の珍客は

                                               カメムシ?

        

      

Dscf1075jpg                                           ウワズミザクラ?

                               と、思っていたけれど~実が赤くない!

                                     君は何者なの?






以上~~

爽やかな良い気候ですね~~これからの紅葉が楽しみ!!

では、また~~~



☆ 画像をクリックすると拡大表示します。




                                       






  







2015年9月 5日 (土)

コンデジにて・・モンキー苑から(10)

Dscf1046jpg

                                       ハナミズキ~紅葉始まった


       モンキー苑の秋色 ~~

  Dscf1048jpg   ツリバナ
                       Dscf1050jpg



          Dscf1052jpg   メギ


   

    Dscf1053  Dscf1054jpg  Dscf1045jpg
           イヌトウバナ            オレガノ           ヒヨドリバナ


           Dscf1055jpg   Dscf1056jpg_2
                            ツリフネソウ




             陽だまりがとても心地よい気候です。

                 でも、時雨が始まったので、

                      そろそろ 冬へ向けての心の準備をしなくては~~~



  ではまた~~











       














2015年9月 1日 (火)

コンデジにて・・モンキー苑から(9)

Dscf1016jpg




  大分涼しくなって、秋の気配が~~

        

Dscf1038jpg                                           ミョウガの花

   Dscf1037jpg_2  Dscf1040jpg_2  Dscf1042jpg


Dscf1034

  Dscf1024jpg  

                   Dscf1027jpg
                                          ミズタマソウ


        Dscf1031jpg_2  ? 今年お初。
                                  葉っぱはカラスウリなのだけれど~

                         Dscf1028jpg_2

    

     Dscf1032jpg

                      Dscf1033jpg
                                             ウメモドキ



            Dscf1030jpg

                 お客様 (ボケてしまったけれど、猫ちゃん~この方 どなた?)

                            クロウリハムシ  です。 
  
                (招き猫さま 回答をお寄せいただきありがとうございました。)

               


              Dscf1035jpg
                  モンキー苑にも居ました!  アマガエル?
                                    (随分白っぽいね。)




では、また~~~





追記:

以下、検索結果

◇ クロウリハムシ:
カラスウリ類の葉を好んで食べ、他にダイズ、エノキ、シソなども食べる。
幼虫は地中にいて、ウリ類の根を食べて育つ。成虫で越冬する。

この虫は、キキョウが大好きで、花、葉、茎に喰らいつき、放っておくと、ボロボロにされてしまう。
テントウムシみたいな格好をしていて、動作もにぶいのに、手で捕まえるのが、大変難しい。
10回捕まえようとしても、多分、1回も成功しないだろう。
手を近づけると、寸前で、ポロッと真下に落ちるのである。

本当に、ポロッとしか言いようのない格好で。
分かっていても捕まえることができない。

○ クロウリハムシ食草:
ウリ科のカラスウリ、スズメウリ、アレチウリなどの野生種のほか、
カボチャ、ズッキーニ、キュウリ、スイカ、ウリなど多くのウリ科の野菜です。

このほかに成虫はマメ科のフジやニレ科のエノキが食草です。


ウリハムシは土中に卵を産む習性があり、ネギを植えるとクロウリハムシは近づかなくなるそうなので、コンパニオンプランツとしてネギやラディッシュをそばに植える

ウリハムシが葉っぱを食害するとき、
まず最初に円形に円を描くように食べます。
食べると言うよりも「傷を付ける」
という言い方が正しいかも。

これをトレンチ行動と呼ぶらしいです。

トレンチ行動の後で、
描いた円の内側を食害するそうです。

植物の内部に流れる苦み成分や粘着成分を、
最初にシャットアウトしてから食べるそうです。


ウリハムシは、次の植物に発生しやすいです。
  ・ウリ
  ・キュウリ
  ・カボチャ
  ・カラスウリ
   ※ウリ科植物
  ・アスター
  ・キキョウ
  ・ナデシコ



◇ アマガエル:
色変わりする。
見つかる場所によって、緑色だったり茶色だったりする。
複数の色ちがいのアマガエルが、同じところにいることもある。
時間が経つと緑から茶、茶から緑へと変化していく

アマガエルは皮膚の下に3層の色素胞があり、最下層は黒色素胞だという。
ところがそれがないと体表は白くなり、目の赤いアルビノ個体となる。

運がいいと、ブルーのアマガエルも見つかる。

青くなる秘密は、色素胞にある。青いアマガエルは黄色素胞が欠けていて、
その下の層にある虹色素胞に当たって跳ね返った青色の光が、そのまま体表にあらわれるからだ。


以上。

招き猫さま コメントをありがとうございました。

                                       

                          


                       
 








« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »